美しいダンス

暑い1日でしたけど、夕方にはパラパラと雨が降ってきました。
今日は娘と上野まで出かけてきたのですが、上野は相変わらずすごい人でした。
帰りの電車もかなり混んでいたのですが、始発だったので座ることができて良かったです。

娘と、英国ロイヤルバレエ団の「ロミオとジュリエット」を観に行ってきました。
海外のバレエ公演を日本で観るのは本当に久しぶり。
娘が小学生でバレエをやっていたころは、本当にバレエ公演三昧をして、来日公演も日本のバレエ団の公演も、毎月のように観に行っていたのですが、バレエを辞めてからは、ほとんど行かなくなりました。
娘がイギリスに留学中に訪ねて行ったときに、ロンドンでロイヤルバレエ団の「眠れる森の美女」を観て以来です。
良かったです。
ともかく美しい踊りでした。ジュリエット役のダンサーが、羽が生えているように軽やかで美しかったです。
ラストでは、娘は泣いてました。

あまりにもよかったので、来週の「ジゼル」も観たいと。
帰りにロビーで予約状況を見たら、もう2連の席は空いてなかったので、私は諦めて、娘ひとりで行くそうです。
さすがに2週連続で2人で行くと、旦那にも悪いので。
バレエ公演のチケット、特に海外有名バレエ団のチケットって、ものすごく高いんですもの。
もちろん社会人の娘は、自分の分は自分で払いますが、私は専業主婦なもので(汗)

美しい踊りって、本当にいいですね。
つま先、指先まで神経が行き届いて、顔のつけ方とか、目の表情とか、そういう細かいところまで、しっかりと表現ができている踊り。もちろんそれが基本で、その上になりたって、技術とか音のはめ方とか・・・・
全てが美しいダンスを観た時には、本当に震えがくるくらい感動します。
ダンスのジャンルはたくさんあるのですが、そういう根底にあるものは同じだと思うんです。

じゅんののダンスって、なぜか人の心を惹きつけるんですよね。
彼の持って生まれたダンスの感覚、センス、その上に努力、そして踊るのが好きだという心、そういうものが合わさって、彼のダンスはできているように感じます。
今、30歳ですが、これからますますいろんなダンスを学んでいってほしいと思います。
幅が広がっていった彼のダンスを観てみたいです。
まだまだ、これからですよ。

昨日は、ちょっと思うことを書いたのですが、本当は思うところはもっともっとあるのですが・・・(笑)
それに対しても、みなさんいろんな考えがあると思います。
おおまかでは同じでも、細かいところでは、ひとりひとり違って当たり前だと思ってます。
それが当然です。
でも、基本にあるのは、これから先も、じゅんののパフォーマンスを見たいということ。
彼の復活を心待ちにしていること。
そこの共通の気持ちがあれば、それでいいのかな。一緒にこれからも応援していきたいですよね。

みなさんから、いろいろなコメントもいただいてます。
みなさんの気持ちを聞かせてもらえて、とても嬉しいです。
今日もちょっとみなさんのコメント意見を紹介したり、お返事したりした中で、またみなさんもいろいろ感じて考えていただけたらと思います。
ちょっと今日は時間があまりないので、簡単になってしまうかもですが、その点は申し訳ありません。

拍手コメントお返事です。

Mりーさん 「いつもタグティブなmemeさん、たまにこうやって愚痴を言ってくれるの本当に嬉しいんです。まんま同感なんですもの。しばらく涙出ることなかったのにボロボロ泣きました。そしてそうやって思ってくれて吐き出してくれたmemeさんのおかげてすっきりしました。ありがとうございます。」

Mりーちゃん、泣かないで~。私の愚痴を嬉しいって言ってくれてありがとう。はい、時々は納得いかないときは愚痴るかもですが、よろしくお願いします(笑)

よっしーままさん デビュー前は、もっときつかったのですね。その頃応援していた人も、いろいろと辛いこともあったと思います。

「メンバー内ではいじられキャラでいることで落ち着いてるみたいな、学校のいじめられてる子みたいで心配でしたが、そこにいるのが好きみたいで、お仕事がとにかく好きで明るくて、6人でライブやコンをするのが楽しくて仕方ない感じでした。
仁君が抜けた時に1番に声を出して明るく明るくイメージを上げてくれて、暗いイメージを明るくしてくれて、聖君の時も自分もがっかりしてたのに頑張って明るく振舞って、こんな時に1番明るく振舞って「バカじゃないの」とか言われてたけど、メンバーは彼がいてくれたから頑張れてたと思います。
イチローさんでさえバッシングをはねのける為に頑張ってきたと、じゅんのもこれからやることの結果で魅せつけていかなければと思います。」

長いコメントありがとうございます。要所要所載せさせてもらいました。
いろいろとあったけど、これからの彼をしっかりと見守っていきたいですね。

アンちゃんさん 6人時代のコンサートで嫌な思いをしたことがあるのですね。

「その頃学んだのがそこにいる人の好きな人を否定したり悪く言ってはいけないこと。自分の好きな人を否定されるのってキツイですよね(-_-;) 」

わかります。本当に好きな人をその場で否定されたり悪く言われることってキツイですよね。

はっぴーさん 「私はがんばっていきまっしょいで田口くんに堕ちて以来ずっとお茶の間で彼を見てきました。ネットで色々な方のブログを読んでは自分が知らない田口くんの情報収集も結構していました。そんな中ずっと気になっていたのは田口くんに対するキツい言葉の数々。本当にmemeさんの言われる通りだと思いますね。ここに寄せられている皆さんのコメントはみんな共感できるものばかりで安心します。先日memeさんがツイートを載せていらしたお友達のなおさん、昔から愛読させてもらっていたブロガーさんだとわかり驚きましたが納得でした。やはり根っこが同じ想いの人同士は引き寄せられるのですね。勝手に皆さんとお友達気分で楽しませてもらっています。memeさん、改めてこの場所の存在に感謝です。本当にありがとうございます!田口くんにやってほしいお仕事たくさんありますね。欲張りなので全部実現してほしいと思いました。思う存分大好きな夏を満喫して秋くらいに姿を表してほしいな。」

ありがとうございます。
同じ考え、気持ちの方と、自分の気持ちをわかちあえると、幸せを感じますよね。
同じ気持ちばかりで、なんとお花畑な・・・・という意見もあるかもですが、こういう好きな芸能人を応援するという場面では、それでいいのではないかなとも思います。

わこさん 「人は鏡ですから、されて嫌な事はしないでおきましょう!人を悪く言わないじゅんの。身(体で、叩いたり蹴ったりしない)口(悪口言わない。嘘をつかない)意(悪く思わない)つまり、身口意の業(しんくいのごう)と言う罪をおかさない。これってなかなか出来る事ではないです。かなり自分の中に不動心がないと適当な事になってしまいますから。何だかその事をじゅんのは知っているみたいにおもいます。お母さんがしっかりされているのかな。」

そういうふうに、子どもを育てることができたらいいですね。子どもを育てるという事も、試行錯誤。むずかしいことが多いですね。親になってからも日々勉強です。

ぱたさん コメント届いていません。なんか最近、上手く送れなかったという方がたまにいらして、このおおもとのFC2の不具合が時々あるのかしら。すいません。また送ってくださいね。

コメント欄コメントお返事です。

テリーさん いえいえ、テリーさんはきちんと節度を持ってSNSを使っていますよ。SNSを使う自分なりの尺度を作っていきたいって大事なことですね。私も改めていろいろ考えながらやっていきたいと思います。

atsukoさん モデルのお仕事、実現して欲しいですね。彼にとても合っていると思います。そうですね、1年前には、ジャニーズ事務所を田口くんが辞めるなんてこと思っていませんでした。そう考えると1年で想像もしていなかったことが起こるかもしれませんね。田口くんを取り巻く環境もどうなってるかなんてわかりません。いいふうになってくれているといいですね。
atsukoさんのSNSについての考え、少し長くなりますがひとつの考えとして載せさせてもらいますね。また、それを読んでみなさんがいろいろと感じてもらえれば嬉しいと思います。

「SNSでの件、本当に残念な事です。
こういった事は永遠になくならないでしょうね。
SNSを一切やらない私には決して入ってくる事のない情報です。
私はそれで一向に構わないと思っています。
困る事は何もありません。
急激に普及したこのSNSと言う「武器」は、時として人を傷つけて、いきすぎれば自分の事すら取り返しがつかない程、ズタズタにしてしまう事があるように感じます。
私は決して心の強い人間ではないし、人の言葉や態度に惑わされてしまう事も沢山あります。
今まで色んな経験をして、善悪の見分け方ややり過ごし方、多少の事では負けないように処世術というか、困難の乗り越え方を習得してきたつもりではいますが、心が傷ついたり不安を感じたりすればやはり辛くなるし、いきすぎれば身体すら壊してしまう事もあると思います。
そんな私には、必要以上の情報が入ってきてしまう可能性のあるSNSは、不向きだと感じました。
多すぎる情報は、自分の判断も鈍らせます。
あれば使用してしまいますし、自主規制しながら上手く使うのもなかなか大変だと思いました。
どちらかと言えば、マイナスな情報や噂の方が気になってしまう事も否めません。
いちいち反応して気にして、其の度に気分が上がったり下がったりでは、心と身体がもちません。
なので、自分から「SNSはやらない」と線引きしました。
「難しく考えすぎかな?」と、思わなくもないですが、まわりの友達もやってる人がそんなにいませんので、不便を感じる事もありませんし、小さいながらもトラブルを抱えたり、いやな情報を鵜呑みにしてイライラしている人を見たりもしてるので、「余計な事」を増やさないでいるからいいかなと思ってます。
memeさんや皆さんも仰るように、田口くんと彼女は長い間この「辛さ」を耐えて乗り越えてきました。
他の方も仰ってたように、私達の見えないところでは、想像も出来ないような酷い目にもあっていたかもしれません。
でも、たとえそんな事があったとしても、絶対に田口くんはその事を表立って愚痴ったり、悪く言ったりはしない人です。
彼らはお互いが相手を思いやる事で、信頼を深めより良い関係と絆を育んできたのではないでしょうか?
そんな相手に出逢う事が出来るなんて、本当に幸せだし、素晴らしい事です。
今回の田口くんの決断理由には、彼女を守るという事が多くを占めているのかもしれません。
一人の男性として、人として、何かを犠牲にしてまでも守らなくてはいけないと思ったのかもしれません。
そして、そうさせてしまったのは、他でもない、今回のような心無い事をする「ファン」だったかもしれません。
酷い妄想かもしれませんが、反感を恐れずに言うと、私は田口くんが脱退を決めた後のインタビューを読んでから、ずっとそういう思いが付きまとっていました。
一部の過激なアンチファンが、執拗に田口くんや彼女を批判して叩き続けていたと聞いてます。
中には田口くんのファンなのに「貶し愛」というワケの分からない言葉で、自分の愚行を肯定して平然と叩いてる人もいました。
田口くんは気にしないように、笑顔でやり過ごしてはいたけれど、限界を迎えてしまったのではないだろうか?そう思わせてしまう出来事があったのではないか?と感じました。
それに、「ファン」にそんな風に言われてる交際相手との結婚を、事務所が快く思うとは考えられません。
反対されたというのもあながち間違いではないのかもしれないと思いました。
「アイドルでいる事が荷が重い」という言葉は、そんな「ファン」が言わせてしまったのではないのか?
田口くんからKAT-TUNを取り上げてしまったのは、他でもない「ファン」だったのではないのか?
だから脱退理由を公言しないでいるのではないだろうか?
そして事務所はそんな田口くんを救ってはくれなかった。
「見放された」のではないのか・・・・。
結局のところ、KAT-TUNを今の状況にしてしまったのは、こういった「ファン」なのかもしれない・・・。
すみません、私の勝手な酷い妄想です。
この辺で止めときます。
気分を悪くされたら、申し訳ありません。
でも、よく「アイドルなんだから、自覚するべきだ」なんてう人がいますが、随分、時代錯誤な考えだと思うし自分の都合ばかりでの物言いだと思います。
「アイドル」は「人」として幸せになったり、楽しんだりを「ファン」の為に犠牲にして「ファンだけ」を満足させる為に、「仕事しろ」と言っているのと同じではないでしょうか?
そんな「アイドル」って、本当に魅力的でしょうか?
そんな人達が本当に素晴らしいパフォーマンスが出来るのでしょうか?
ストイックにそういう生き方が自分に合ってる人もいるかもしれません。
でも、そんな人ばかりでは何の面白みもないグループ、事務所になってしまうと思います。
「アイドル」なんて、夢の無い辛い職業でしかないと思われたら、廃れてしまいます。
アイドルに限らず、タレントとファンの関係性は難しいですよね。
先日も女性アイドルが襲われた事件がありましたね。
あれもSNSがひとつのひきがねになっていました。
勝手に身近に感じて、自分とタレントさんとの境界線が分からなくなってしまったのでしょう。
私はどちらかと言うと、芸能人は必要以上に私生活を晒さない方が良いと考えている方です。
出来れば私生活なんて知りたくもありません。
なので、もし田口くんが今後SNSをやろうとしているとしても、あまり色々と晒さないでいて欲しいです。
時々、元気な顔が見られれば、私はそれで十分です。
私は舞台やステージに立ち、そこでパフォーマンスする姿を見たいのであって、私生活を覗きたいワケではないので。
それに、今まで散々な事をしたり言ってたりした人達が、また蔓延ってきそうで嫌なんです。
もう、くだらない事で必要以上に田口くんを傷つけて欲しくない。
それを見たくもない。
もちろん、タレントからのそういう発信を楽しみだと感じている方もいるでしょうから、否定はしません。
SNSは使い方ひとつで変わってきますよね。
楽しく、平和に、上手に活用出来れば、本当に便利で賢いツールだと思います。
とりあえず、今はmemeさんのおかげで田口くんの元気な姿が見る事が出来てありがたいです。
今はそれで十分です。
頑張っているんだなと、感じる事が出来るとこれからが楽しみです。
そして笑顔が見られるだけで嬉しいですね。
私が望むのは、田口くんが笑顔で幸せに生活出来て、充実した日々を送ってくれる事。
それがほんの少し垣間見れて「良かった」と思えれば、他には何も知る必要がないし、その土台の上に充実したお仕事があって、私はそれを楽しむ事が出来ればそれでいいです。」

情報が溢れているこの世の中。自分に本当に必要なものを取り入れるようにしていきたいですね。

すいません、まだまだコメントいただいているのですが、今日は疲れたのか、ものすごく眠いです。頭が働きません。
続きは明日にさせてください。
Reyさん、ぶーおとめさん、さぴこさん、ピピロッタさん、natsuさん、たぐゆきさんありがとうございましt。

拍手、コメントありがとうございます。




まったくその通りですわ。

では、今日も1日お疲れさまでした。
明日もステキな1日になりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

meme

Author:meme
2007年の春、ドラマ「花嫁とパパ」の中で、にっこりと優しくほほえむ田口淳之介くんに一瞬にひきつけられました。
これからも彼のことを応援し続けます。

シンガーソングライターのNAOさんの曲と声にも癒されてます。

お気軽にコメントくださいね。
拍手コメント、コメント欄コメント共に非公開になっています。
本文の中でコメント文の一部分を紹介させていただいて、お返事しております。

相互リンクは、現在受け付けておりません。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いつもありがとう
ゆっくりしていってね
現在の閲覧者数:
カテゴリ
お誕生日まであと何日?
ブログ開始から何日?
リンク、オフィシャルサイト
月別アーカイブ
検索フォーム