少し締め切り伸ばしますね

関東地方梅雨入りしました。
早かったですね。
そろそろかなと思ったら、すでに突入しておりました。
さて、梅雨に負けずに明るくいかなくてわ。

今日は、出かけておりまして、企画のまとめできておりません。
そして、数名の方から、間に合わないので、もう少し締め切り伸ばしてくださいと。
私自身もまだ書けていないので、
企画第2弾「こんなお仕事をする田口淳之介くんを見たい」
もう少し締め切り伸ばします。
今日まで急いで送ってくださった方、本当にすいません。
今週中にはまとめたいと思いますので、まだの方、まだ大丈夫ですので送ってください。
現在20名ほどの方が送ってくれていて、A4用紙7ページ分くらいになっております。
力作、ありがとうございます。

みなさんの「こんなお仕事をする田口くんを見たい」を読んでいると、本当にこんな田口くん、絶対に見たいと思ってしまいます。
本当は全部と言いたいんだけど、この中のひとつでもいい叶ってくれるといいなぁ。
いやいや、言い続けますよ。言霊言霊・・・ですものね。

彼は絶対に、私たちの前に現れてくれると思っていますので、
その第1弾はどんなお仕事かな。
すごく楽しみにしています。
KAT-TUNの田口淳之介ではない、ひとりの30歳の男性田口淳之介。
きっと今までとは違ったカッコよさ、人を惹きつける力を持っていると思ってます。
そんな田口くんにこんなお仕事をして欲しい。こんなお仕事をする姿を見たいという完全願望をコメント欄、拍手コメント欄から送ってください。
みんなで楽しみましょう。

さて、今日は、コメントのお返事等が長いので、ここからすぐにコメントお返事に入らせていただきます。


拍手コメントお返事です。

さむちゃんさん 関東、梅雨入りしましたね。鬱陶しい季節になりました。田口くんの顔が穏やかで嬉しいですね。幸せな生活をしていると思うと本当に嬉しく思います。もうそれが一番。たくさん元気を注入して、元気いっぱい戻ってきてくれるといいな。

わこさん いままでたくさん規制があって出来なかった家族との時間も、この機会に楽しんでくれるといいですね。とてもステキな兄弟だと思います。ご両親が離婚されたころは、じゅんのは小学生でしたが、10歳年上のお兄さんはいろいろと大変な時期だったのではないかと。そんな中で母親を助けながら妹弟の面倒をみてくれたお兄さんにはたくさんの感謝をしているでしょう。あんなに伸び伸びと素直な末っ子が育ったのですもの。大変ながらもあたたかい家庭だったのでしょうね。

aさん 兄弟、よく似ていますよね。本当に、じゅんのが言っていたように、鼻元が特に似ていると思います。じゅんのが幸せな様子を見ると、ホッとしますし、嬉しいですよね。そうですね、こうして表舞台から姿を消しても元気でやっている様子がわかって、SNSは悪い一面も確かにありますが、今あったよかったです。

アンちゃんさん けいくんファンということ、ありがとうございます。めちゃいたずらっ子です。昨日はお姉ちゃん猫の凛の寝床の中でおしっこをしました(汗)
けい20160605

よっしーままさん いろんな役をじゅんので見てみたいですね。映画とか見ても、この役をじゅんので見てみたいと思いますよね。
埼玉は保護ネコ活動が盛んですよね。家の真ん中の一花も、埼玉の保護ネコ活動をしているところからもらいました。

コメント欄コメントお返事です。

ピピロッタさん 田口くんのご家族の写真、とても幸せが満ち溢れていて、素敵な写真でしたね。見ていて幸せな気持ちになりました。
「KAT-TUNの露出がある度にファンの心に波風が立つけれど、脱退ネタに関してはウンザリだけど今はまだ仕方がないのかなと思っています。これを3人体制が完全に確立した時まで引っ張られたとしたら、いい加減にしろ!!ってなりますけど。時間が解決する部分もあるのかなと。
ほとんどの田口ファンが「KAT-TUNの田口淳之介」しか知らないから、KAT-TUNでなくなった田口くんに戸惑いを感じたり、今後の活動が未知数な点で不安を感じることもあるんですよね。だけど決断したのは田口くんだし、心の葛藤は相当あったにちがいないだろうけど、田口くんのそういう心の奥の方のデリケートな部分はそっとしておきたいな・・・というのが私の気持ちです。田口くんの心の中は田口くんにしかわからないから。
昨年のq魂あたりから最後の日までの田口くんに「辛かったよね」のフィルターをかけてしまうことが、なんだかもったいないように感じます。q魂の時の私達は、田口くんが悩み始めていたなんて1mmたりとも知らないで参戦してたわけですけど、特に「Ray」のパフォーマンスの凄さといったらなかったですよね。スタンドのかなり上段から見ていても圧倒されるパフォーマンスでした。田口くんには、マイナスがプラスに転じるように心の葛藤や何かをパフォーマンスに全て注ぎ込む力量があると思うのです。色んな思いを田口くんが咀嚼して消化して、私はその結果(パフォーマンス)だけをを見ればいいのだと。
今は、この1年の間に濃い経験をした田口くんが表舞台に帰ってきた時のパフォーマンスにどれだけ深みが加わっているのかとっても楽しみだし、私にとっての「KAT-TUNの田口淳之介」はどこを取り出してもキラキラしています。そして時々登場するSNSにニヤニヤしながら「元気そうでなにより。」って思うことが至福の時です。」

そうなんですよ。まさにそれです。この1年の間に経験した様々なこと、決して彼は無駄にはしないだろうなと思います。それを何倍も何十倍も力にして、素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれる、そう信じています。そして、大きくなくてもいいので、それを披露できる場が彼に与えられるといいなと思います。

natsuさん 「「オススメ田口君」でお世話になっています(^_^)
ファン歴の浅い私がオススメというのも恐縮ですので、オススメというよりは出来たての感想です(*^^*)
ネットで探して見つけた「RESCUE」のCD(初回限定盤DVD付き)が今日手元に届きました🎵
私好みの流れるようなダンス…とはまた違う感じの踊りまくる田口君でした。
PVとメイキング映像は、ダンスシーンや合間のトーク満載で彼らの世界に浸れる1枚でした。
6人だとこんな雰囲気で撮影してたんだなぁ~
田口君のソロパート撮影部分では、あれ?一緒に踊ってる外国人のダンサーより上手いのでは⁉と思ってしまいました(笑)
撮影終了後にこのダンサーさんから「上手いね✨」と言われて田口君嬉しそうに「また踊ろう」って言ってました。彼らしいなぁ…」

RESCUEのプロのダンサーとそれぞれ組んでのソロ部分、田口くんがプロのダンサーを引っ張っていってる感じがなんといってもステキですよね。自信をもって踊っている姿に惚れ惚れします。これからは、いろんな分野の人と組んで踊るのを見たいなと思います。

atsukoさん けい、ホントいたずらばかりしていて、我が家も凛が今年6歳、一花が4歳とだいぶん落ち着いてきたところなので、このやんちゃさは久しぶりで忘れていました。atsukoさんの所のねこちゃんんも野良の子だったのですね。やはりおてんばでしたか。我が家は完全室内飼いとしているので、今まで1年間野良猫だったけいが、どこまで慣れてくれるか。先住の2匹と一緒の空間で過ごしてくれるか。見守っていきたいと思います。フォレストについてもありがとうございます。今思い出しても、本当に素晴らしい舞台でした。舞台について、そして脱退ネタの件について、長くなってしまいますが、その部分を載せさせてもらいます。それを読んでまたいろいろと感じる方がいらしゃるのではないかと、そしてそういう機会はとても大事なことではないかと思いますので。

「先日から田口くんの舞台「フォレスト・ガンプ」のお話しをされていましたね。
私も本当に大好きな舞台でした。
当初、私は東京公演を前半・中・後半と時間をあけて3回観劇する予定にしていました。
ですが、一回目に観た後、すぐに次の日の当日券を買う事を決めていました。
気が付いたら大阪公演も含めて、合計で10回程観劇していました。
こんなに通い詰めた舞台は初めてでした。
私も昔から舞台やショーが大好きで、色んな種類の作品を沢山観てきました。
もちろん、今でも心に残るような素晴らしい作品も沢山あります。
大作、傑作、人気の作品も観てきました。
ジャニーズの方が出ている舞台も色々と観ました。
大好きな俳優さんを目当てに行った事ももちろんあります。
それでもこんなに通い詰めるなんて事、一度もありませんでした。
私が田口くんのファンだという事も相乗効果としてあったのかもしれません。
しかし、それ以上にあの空間に流れる暖かで幸せな空気が本当に心地よくて、何度も浸りたくなってしまったのです。
家に着いた途端、フォレストに逢いたくてたまらなくなり、またチケットを探すという事を繰り返してました。
田口くんの純度の高いひたむきな心が「フォレスト」と共鳴して、「虚像」ではなく「実像」として舞台に立っていました。
フォレストそのものというより、田口くんとフォレストが混じり合ってひとつになって、「田口くんであって、フォレストである」(すみません、上手く表現できません)が生まれていたように感じました。
皆さんが感じていられたように、本当に天使のようでしたね。
今でも最初の一声を聞いた瞬間の感覚を思い出せます。
あの声が聞こえた瞬間に、世界が変わりました。
そしてハーモニカの澄んだ音色が会場中に響いて、泡立つような波動が身体を包んでいきました。
シンプルなセットでしたが、フォレストが語り、演者が動けば、そこは公園のベンチがある場所だったし、満点の星空の下だったし、森の中の戦場だったし、クリスマスの街角だったし、宇宙船の中だったし、未開の土地だったし、凪いだ海の上でした。
なんの違和感もなく、空気までも変えてしまいました。
共演者の皆さんも素敵な方ばかりでしたし、なんといってもG2さんの脚本と演出が素晴らしかったと思います。
田口くんとG2さんの出会いは運命的ですね。
この先、いつかきっとまた一緒に舞台を創り上げてくれると信じています。

そして、脱退ネタについて少しだけ。
私はあの発表以降、その事で田口くんが弄られるのが辛くてタメ旅は一切見る事が出来ないでいました。
今でも録画したモノを見る事は出来ません。
現在、メンバーが出ている番組もほとんど見ていません。
なので、中丸くんが出演された番組を見ていないので感想は言えないのですが、先日のTさんをはじめ、この件にコメントを寄せられた皆さんの気持ち、痛いほど分かります。
紹介してくださったお友達のツイッター、涙が溢れてしまいました。
脱退=悪・残留=善の公式は、ジャニーズの世界の中では無くなる事はないかもしれません。
AKBやモー娘。のように「卒業」として、背中を押してあげる事が普通になれば、ファン同士がいがみ合ったり、嫌な気持ちになったりする事も少なくなるでしょうにね。
ふと思ったのですが、田口くんが脱退を発表した時によく言われていた「残された3人が可哀相」という言葉。
3人は「残された」のでしょうか?
そしてそれは可哀相な事なのでしょうか?
グループに「残った」事は事実でしょうが、「残された」ワケではないですよね?
私は「残った」という表現もしっくりきてはいません。
言い方は悪いかもしれませんが「残された」という3人は、これからもジャニーズ事務所が色んな意味で守ってくれます。
仕事に困る事はほぼないでしょう(あくまで表面上ですが)
「残された」なんて言い方は、まるで事務所に残る事がマイナスで出て行く方がプラスみたいな言い方です。
実際はまったく逆なはずですよね。
3人が「残されて可哀相」という表現は、彼らに失礼だと思うのですが・・・。
それとも、実際はジャニーズ事務所という閉鎖的な組織を、ファンながら息苦しいと感じる部分があったのでしょうか?
確かに、これからのグループとしてのビジョンを白紙にされてしまった事や、辛い思いをさせてしまった事、色んな意味で迷惑を被ってしまった事は本当に可哀相だと思いました。
田口くんもメンバーも、同じ位に心を痛めて、苦しい思いを抱えていたと思います。
でも、彼らはそれを「可哀相」なんて言われたいとは思ってないような気がします。
田口くんが自分が抜ける事で、どの程度3人に負担をかけてしまう事になるのかを考えていたのかはわかりませんが、自分も経験してきた事ですから、ある程度は予測はしていたと思います。
このタイミングでの脱退・退所を最終的に決定したのは事務所だと思います。
勝手な想像ですが、田口くんもこのタイミングでの脱退・退所、その後のKAT-TUN活動休止は自分でも想像していなかった「まさか」の展開だったのではないでしょうか?
あの時、他のメンバーも田口くんの脱退について理由を語る事はありませんでした。
それが田口くんの為だったのか、事務所から口止めされていたのか、それとも本当に真実を知らなかったのか・・・。
本当になんでも自由にしゃべっていいのなら、少なからず彼らの言葉の中にあったと思います。
でも、正直なところ、私にはその「カケラ」も見つけられませんでした。
上田くんのインタビューでの苦悩した田口くんの姿を垣間見る事ぐらいが精一杯でした。
私は「ある程度」の理由はメンバーに話していたと思います。
でも、もしかしたら「本質」は語られなかったのでは?と思っていました。
あのメンバーの納得できないような表情に、私はそう感じさせられていました。
田口くんもメンバーも本当に苦しくて辛い思いを乗り越えて前に進んでいます。
もう、彼らにはそうする事しか出来ないのですから。
テレビ番組は彼らの事を面白おかしく演出する事で話題を作ろうとします。
彼らの思いなんてどうでもいいのです。
そこには台本があり、演出があります。
その世界で生きている彼らには、そこのやり方でやっていくしかないでしょう。
私達はそのたびに傷つく事もあります。
memeさんも仰る通り、必要のない情報や感情に振り回されないように、自分でコントロールしていくしかありません。
つい色んな事を憶測したり邪推したり、噂に左右されたりしてしまいます。
私もまだまだ揺れてしまう事があります。
もうそれは仕方がない事だと、諦めるしかないと開き直って、そうしたら「今、知れる事」「今、見えてる事」「今、感じている事」だけをそのまま受け止める。
そして信じる。
それしかないと感じてます。

すみません、少しと言いつつなんだか長々と書いてしまいました。
同じ思いを抱えている仲間がいるというだけで、気持ちの塞がりが軽くなります。
memeさんのブログのおかげです。
本当にありがとうございます。
楽しい企画やお話しをこれからも皆さんと共有させて頂ければ嬉しいです。」

atsukoさんからのコメントに一部を載せさせてもらいました。私もいろいろと考えさせられました。
この脱退や脱退ネタについては、本当のことは何もわかりませんし、周りの状況から闇の部分もあったのだろうなと感じるのみです。
でも、これからの彼らの未来を見つめていきたいなと思います。
私はしっかりとこの先も田口くんを応援していきたい。そうするだけの魅力を持った人だと思っていますので、迷うことなくかれの進む道を応援していきたいと思っています。

nikoさん 「昨日のテリーさんのコメントの中にあった「この曲のこの部分が良いよ」というのは、私が以前書かせていただいた「田口さんのここの声が好き選手権」と似ているのかなと思います。
私は普段、画面の前に座る時間がほとんどなくて、通勤時や買い物時の車での移動中が唯一ゆっくり出来る時間なので、どうしても音声で楽しむことが多いです。すると、同じように田口さんのソロパートでも、すごく好き!という部分が出てきます。運転しながらそこだけ4,5回巻き戻したりして。例えば「TRIANGLE」の「SLOW MOTION 抱き合うだけで」の声などがすごく好きです。最近なら「FEATHERS」の「REALITIES」の「てぃ~」の少し声に色を出す感じ(こういうのを何と表現したらいいのでしょう?)
他の方はどういうところが好きなのかな、と思ったりします。テリーさんの言われていたのが、音声のみなのか映像を含むものなのか分からないのですが、出来れば、映像を含むものだけでなく、単純にCD音源でのおすすめやここが好きというのも聞かせていただけると、嬉しいです。テリーさんに便乗させていただければ、と思って書きました。」

前にみなさんから送っていただいた「オススメ田口くん」は、ドラマや、ライブDVD、昔のテレビ番組についてが多かったです。
ですから、ここからはそれも含めて、歌についてのオススメもいいかなと思ってます。
nikoさんの言われる、歌のこの部分がオススメというのもいいですし、MVのこの部分がオススメ、もしくはメイキングのこの部分がオススメとちょっと幅広く。
それに加えて、以前のようにそのほかのオススメも幅広く送ってくれたらいいかな。
この前から、送っていただいてその都度載せていた、オススメ田口くんも、一度まとめようとかとも思ってます(時間があれば(笑))
本当にステキなところがたくさんある田口くんなので、思いついたらその都度送っていただければ。

たぐゆきさん 田口くんのご兄弟、優しい雰囲気でロイヤル感が溢れていますよね。
「田口くんの所作に品があるのは、このご家族の中で培われた系統的な物なんですね。お兄さんもお姉さんも品がありますから、お母さまもきっと似た感じでしょうね。田口くんが以前、「みんな鼻がそっくり」と家族の話してましたね、本当にそっくり!白い服の方がお姉さんですよね、モデルさんみたいに綺麗な方ですね。30歳超えているとは思えません。田口くんも30歳にはみえませんから若く見えて美しい方ばかりの家系なんですね。そして、きっと田口くんは末っ子として、家族の中で愛されて育ったから、素敵な青年に成長したのですね。」
本当にそう思います。ご家族もきっと明るい家庭なんだろうなと。お姉さんがこうしてインスタに田口くんの写真をあげてくれたのは、ファンの方も見るということを想定していたと思います。それに感謝をしながら、私たちもルールを守って節度ある接し方をしていきたいですね。

Reyさん みなさんのコメントを読むと、とても同意する部分、自分の気持ちを表現してくれていると思う部分ありますよね。みなさん共通しているのは、田口くんのことを心から思っているということ。読んでいて幸せな気持ちになります。企画に参加ありがとうございます。

拍手、コメントありがとうございました。

梅雨入りして、雨の合間に晴れ間という日も多くなるのかしら。
じゅんの、ランニングできているかな。
しっかりと身体を鍛えているじゅんの。
一時期痩せてしまって、頬もこけていましたが、今はどんな身体になっているかも楽しみです。

では、今日も1日お疲れさまでした。
明日もステキな1日になりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

meme

Author:meme
2007年の春、ドラマ「花嫁とパパ」の中で、にっこりと優しくほほえむ田口淳之介くんに一瞬にひきつけられました。
これからも彼のことを応援し続けます。

シンガーソングライターのNAOさんの曲と声にも癒されてます。

お気軽にコメントくださいね。
拍手コメント、コメント欄コメント共に非公開になっています。
本文の中でコメント文の一部分を紹介させていただいて、お返事しております。

相互リンクは、現在受け付けておりません。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いつもありがとう
ゆっくりしていってね
現在の閲覧者数:
カテゴリ
お誕生日まであと何日?
ブログ開始から何日?
リンク、オフィシャルサイト
月別アーカイブ
検索フォーム