本の整理を始めました

いきなり寒い朝になりましたね。
朝方、猫がひさびさに私の布団に入ってきました。
ホント、よくわかります。
寒さには敏感です。

日中は暖かかったのですが、夜になってまた気温が下がっています。
日中と朝晩の気温差が大きいので、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

今日は1年程放置していた雑誌の整理をしました。
まずは雑誌を棚からひっぱりだして重ねました。

片づけ1

次に大まかに雑誌ごとに区分。

片づけ6

古い順に並び替えて、1冊づつ解体してファイルへ。

片づけ2

いやあ、疲れました。
テレビ誌を残して、ファイルが終わりました。
テレビ誌が一番の山だったので、そこはまた次の機会に。
あと1日あれば終わるかな。

整理した雑誌記事ファイルは私専用の棚の中へ。
私以外の誰も開けません(笑)

片づけ3

雑誌を整理していたら、去年の夏ごろ(7月中旬取材と書いてありました)のじゅんのの儚いこと。
痩せてしまって、顎は尖っているし、雑誌のテーマもありますが、それにしても儚い。
悩んで悩んで落ちていた頃ですよね。

片づけ4

片づけ5

本当に消えてしまいそうな儚さですね。
あの頃は、美しいなと思って見ていたのですが、もっと悲痛な状況だったんだな。

クオーター魂のコメエンタリーの映像のじゅんのがあまりにも儚くて、本当に透けてしまいそうな顔いろですよね。
お友達が、1度見たけど、見るのが辛いと言ってましたが、なんとなくわかるような気がします。

今週も1週間が始まって、今週はお片付けの週にしようと思ってます。
これを機会に、いらないものは捨てて、少し家の中をスッキリとしたいと思います。

夜になって、なんか明日発売の週刊誌しゅーじょの話題が流れてきましたが、
あれは、ほぼてきとーに書いておりますので、スルーして構わないと思いますよ。
脱退の時もあの辺の週刊誌がテキトーな記事を書いておりましたが、ほぼいいかげん。
まあ、あの時に一番笑ったのは、気象予報士だったのですが(笑)
今回も、彼は着実に復帰の準備をしている様子が感じられていますので、あとはその時期がいつになるのか。
それだけだと思います。
それまでに、今回のようなテキトーな記事は多かれ少なかれ流れてくると思いますが、自分が信じるところはどこなのかというところにしっかりと気持ちを置いておくのが大切だと思います。

彼が4月になって友人たちのSNSで様子を知らせてくれて、あれはお友達が勝手に載せたレベルではないと思っています。
何かしらのことを伝えてくれたのではないかなと。
それは、きっとこれからも続くのではないかなと。
彼がある程度の考えをもって、自分自身のSNSから発信を始めるまでは、こういう形で何かしらを伝えてくれるのではないのかなと思っています。

あの辛い4ヶ月を乗り越えてきたんですもの。
この4月からは、ちょっと気持ちも落ち着いて応援したいと思います。
ともかくプライベートは、彼が幸せなのが一番と思っているので、彼が笑って幸せに暮らしていてくれれば、それでいいんです。
ただ、応援できるところにいて欲しいだけ。
パフォーマンスをみせて欲しいだけ。
ただそれだけです。
最初はどんな世界で戻ってきてくれるかな。
あれもいいな、これもいいなと夢は果てしなく(笑)


拍手コメントお返事です。

かずかずさん 田口くんが夢に出てきたのですね。コンサートでファンサをもらって幸せな夢、良かったですね。夢でも幸せが一番です。やっぱり思っているより早めに田口くんに会えるような気がしますよね。彼がこうして元気に動いている様子を知らせてくれている、それだけでも彼が私たちに何かを伝えようとしてくれているのだと思います。

かずさん かずかずさんの次にコメントがかずさんで、一瞬目を疑いました(笑)かずさんもお誕生日だったのですね。4人のメッセージ動画を見たのですね。
「お誕生日メッセージの4人版は田口くんファンへのスタッフさんからのこっそりのはからいで、見せてくれていて、今は、1人づつのバージョンがあるのかもしれないとか考えてしまいました。」
いやぁ、それだったらスゴイですね(笑) 田口くんに会いたいですね。

よっしーままさん ドーム魂行くことにしたのですね。私の分も10周年お祝いしてきてください日々いろいろ考えますが、なんとなくなんとなく思ったより彼の帰りが早いかもと感じますね。みなさんが思っているという事は、あながち違わないかもなんて感じてます。

わこさん 小日向文世さんの若い時、似てますよね。ネットを調べたら、小日向さんの若い時は堺雅人さんに似ていると言われていますね。ということは、じゅんのと堺さんも似ているという事かしら(笑)小日向さんも堺さんも素晴らしい役者さん。じゅんのもいつかそんな役者になれるといいですね。

keiさん お久しぶりです。コンボイを好きな方、田口くんファンに多いのですね。昔、ニューオータニにあったお店タップチップスでねずみさん達が踊っていらした頃に見に行ってらしたのですね。私は今回、初でした。こういう世界があるんだなと知ることが出来て良かったです。

コメント欄コメントお返事です。

atsukoさん 日曜日にコンボイショーを観に行ってこられたのですね。言われるように、エネルギッシュでこれぞエンターテインメントという感じですね。黒須さんと舘形さんのダンスが好きなのですね。私はまだお顔を名前が一致しないのですが、みなさん軸のぶれないターンをしていて、手足の先まで伸びていて、とても綺麗でした。ディナーショーとかもあるのですね。一年頑張ったご褒美に見るショーは素晴らしいでしょうね。

「以前、コメントでも書かせて頂きましたが、私が彼らの舞台を観る度に「田口くんも将来はこんなエンターテインメントをして欲しい!」と、思いを馳せた気持ちが分かって頂けましたか?
絶対に、田口くんなら嵌る世界感だと思うんですよね。
歌・お芝居そしてダンス。
どれをとっても素晴らしいクオリティで魅せるコンボイですが、あの中に田口くんが混じっても遜色ないと思いますよね。
彼らはいわゆる「メディア」にはほとんど出る事がありません。
でも、その素晴らしさや実績は「業界」では折り紙つきです。
ちゃんと「本物」を知っているコアなファンの方が沢山いて、結成当初からずっと追っかけてるファンも沢山います。
今の時代、テレビで姿を観るからといって、それが優れているかと言ったら、そんな事はないと思います。
田口くんがこれからもエンタメの世界で生きてくれるのなら「本物」を目指して欲しい。
それが出来る人だと信じています。 」

本当に芸能界は広いです。いままで知らなかったこういう世界があるとは。本当に田口くんも、こんなふうに素晴らしいクオリティのエンターテインメントの世界を目指してほしいです。

「SNSへの早々の登場は、実際のところどんな思惑が田口くんにあったのか、なかったのかはわかりませんが、私達には「田口くんが元気に笑顔でいてくれている」というだけで、なんだか救われたような気持になりましたよね。
色々言われているようですが、そんなの知ったこっちゃありません。
田口くんはこれから自分で道を切り開かなくてはいけないのです。
ぐちぐち言う人が何かをしてくれるワケでもその人たちのご機嫌を取ったところで責任をとってくれるワケでもありません。
無責任な傍観者に気を使う事なんてありませんよね。
今はとにかく、辛かった期間で消耗した心と身体を癒し、まずは「自分らしい生活」と言う足元を地盤をしっかりと固めて、しっかりと飛び出す準備をして欲しいと思います。
とにかく、笑顔で楽しく幸せに過ごせている事が大切だと思います。
あまりあせってつまらない仕事をするよりは、じっくり熟考して小さくても次に繋がるような、確実にステップアップするお仕事に巡り合ってくれる事を祈ります。」

まったくもって同感ですわ。ぐちぐち言う人には言わせておけばいいと思います。今はともかく田口くんがこの機会にいろいろなことを学んで、しっかりとした形で戻ってきてくれることを待ちたいと思います。atsukoさん、コメントありがとうございました。

拍手、コメントありがとうございました。

今日のじゅんのも元気に笑っていたかな。
寒くて震えていなかったかな(笑)
では、今日も1日お疲れさまでした。
明日もステキな1日になりますように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

meme

Author:meme
2007年の春、ドラマ「花嫁とパパ」の中で、にっこりと優しくほほえむ田口淳之介くんに一瞬にひきつけられました。
これからも彼のことを応援し続けます。

シンガーソングライターのNAOさんの曲と声にも癒されてます。

お気軽にコメントくださいね。
拍手コメント、コメント欄コメント共に非公開になっています。
本文の中でコメント文の一部分を紹介させていただいて、お返事しております。

相互リンクは、現在受け付けておりません。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いつもありがとう
ゆっくりしていってね
現在の閲覧者数:
カテゴリ
お誕生日まであと何日?
ブログ開始から何日?
リンク、オフィシャルサイト
月別アーカイブ
検索フォーム